ワタルワタル

家電愛好家のワタルです^^♪


「あっ、冷蔵庫が開けっ放しだ!」


「やばい、たぶん朝から10時間くらいたってるかも!?」


こんな急なときはどうしていいかわからず、結構あせってしまいますよね。


なかでも、


開けっ放しにしていた間の電気代。


「半端じゃないくらい電気を使ってしまったんじゃないか?」


「いったい、電気代っていくらかかるんだろう?」


と、すごく不安になってしまいますよね。


でも、安心してください!


じつは、冷蔵庫を何時間も開けっ放しにしていても、思ったほど電気代はかかってないんです!


それよりも、もっとやるべき大事なことが3つあるんです。

  • ①冷蔵庫内に水滴や霜が付いていないか確認する
  • ②食材の確認をする
  • ③この後の電気代が上がっていないか確認する

この3つを解説していきます。


この記事では、冷蔵庫を開けっ放しにしても思ったほど電気代がかからないことと、


冷蔵庫を開けっ放しにしたときに、やるべき3つのことについて書いていきます。


「もしも」のために、参考になればと思います。


それでは、さっそく見てみましょう!

冷蔵庫を開けっ放しにしても電気代は思ったほどかかっていない!



冷蔵庫を何時間も開けっ放しにしてしまった時って電気代がすごく気になってしまいますよね。


冒頭でも言いましたが、じつは電気代は思ったほどかかっていないんです!


というのも、最近の冷蔵庫には扉が開くと庫内に冷たい空気を送る冷却ファンが止まるようになっているんです。


これは、冷蔵庫を開けた時に中の冷気をできるだけ外に逃さないように(無駄にしない)庫内の冷気を保とうとしています。


このおかげで、冷蔵庫を開けっ放しにしても電気代は思ったほどかかっていないんです。


仮に開けっ放しのあいだ、ファンが回りっぱなしで冷却し続けていたとしたらどのくらいの電気代がかかるのか見てみましょう。


※冷蔵庫の消費電力は0.15kW〜0.6kWと言われています。


冷蔵庫を開けっ放しにしていたのでここでは600Wの消費電力で計算してみます。



電気消費量の単位は1kWhといいます。
これは、1時間に1kWの電気を使ったということです。
 


電気料金は、契約内容にもよりますがここでは
東京電力、従量電灯Bプランの平均である25円とします。



これをもとに、

(消費電力)✕(使用時間)✕(電気料金)

これで、電気代を求めることができます。


まず、1時間、開けっ放しにしたときの消費電力は
0.6(kWh)✕1(時間)✕25(円)=15(円)

24時間、開けっ放しにしたときの消費電力でも
15(円)✕24(時間)=360(円)


いかがですか?

24時間開けっ放しにしても、360円しかしないのです。


以外に思うかもですが、冷蔵庫を開けっ放しにしても、思ったほど電気代はかからないとうことがおわかりいただけたと思います。


そのほかに、もっとやるべきことが3つありますので、次で解説していきます。

冷蔵庫を開けっ放しにしてしまったときに、やるべき3つのこと!



冷蔵庫を開けっ放しにしても電気代はあまり気にしなくてもいいということでしたが、その他にも冷蔵庫を開けっ放しにしたときにやるべきことが3つあります。

  • ①冷蔵庫内に水滴や霜が付いていないか確認する
  • ②食材の確認をする
  • ③電気代が上がっていないか確認する

それでは1つずつ解説していきます。

冷蔵庫内に水滴や霜が付いていないか確認する



冷蔵庫を開けっ放しにしてしまったら、まず庫内に水滴がついているので、拭き取ります。


この時点で、水滴のほかに霜がついているようなら要注意です!


というのも、冷却器やファンに霜が付いた状態ではうまく庫内を冷やすことができなくなるからです。


霜は冷蔵庫を開けっ放しにしたことで室内の空気が庫内で冷やされて水滴になり、さらに冷やされて霜になるのです。


しかも、庫内で一番冷たい冷却器やファンのまわりが、いちばん霜になりやすく、その冷却器やファンは庫内の一番奥の内側にあって、目視では確認できないんです!


なので、もしも庫内に霜が付いているのがわかったら、冷蔵庫の電源を切って庫内の霜を溶かすことをおすすめします。


冷蔵庫を開けっ放しにしたら冷えなくなってしまった場合は下記記事をご覧ください。


仮に庫内に霜が付いていなかったとしても、冷蔵庫がいつまでたっても冷えなかったり、いつもより温度が高かったりした場合は故障の可能性があるのでメーカーに連絡して確認したほうがいいです。

食材の確認をする



冷蔵庫を開けっ放しにしてしまったときは食材も気になりますよね。中に入っていた食材を使うか、処分するか、非常に迷うところです。


目安としては室温が20度以下でしたら、1,2時間くらい開けっ放しにしても中のものはだいじょうぶですが5時間以上開けっ放しにしてしまったら、未開封以外の食材は処分することをおすすめします。


冷蔵庫内で冷やされていた食材でも、急激な温度変化で傷んでしまい、カビや細菌などが発生する可能性もあるからです。


未開封のものでも、もともと痛みやすい食材は処分をおすすめします。

電気代が上がっていないか確認する



冷蔵庫を開けっ放しにした後は電気代が上がっていないか確認しておくことをおすすめします。


というのも、冷蔵庫を開けっ放しにしていたことが原因で冷却機能に何らかの異常が発生して、通常より消費電力が多くなってしまうからです。


たとえば温度センサーの故障により、コンプレッサーが回りっぱなしになっていたり、そのままの状態が続くと、挙句の果てにはコンプレッサー自体がこわれてしまう可能性もあります。


なので、冷蔵庫を開けっ放しにした後は普段よりも気にかけて、前後の電気代を確認するようにしましょう。

まとめ



いかがでしたか、

今回は、「冷蔵庫の開けっ放し!電気代より重要な3つのやるべきこと!」と題して、

・冷蔵庫を開けっ放しにしても電気代は思ったほどかからないということと、

・冷蔵庫を開けっ放しにしてしまったときに、やるべき3つのこと

  1. 冷蔵庫内に水滴や霜が付いていないか確認する
  2. 食材の確認をする
  3. 電気代が上がっていないか確認する

以上をご紹介しました。


最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

無料相談受付中です!

ただいま、無料相談受付中です!

こちらでは、
・家電について知りたいこと、
・疑問に思うこと、

など、家電に関するいろんなことを解決させていただくための無料相談コーナーです。

どんな些細のことでもぜんぜんOKですので、ぜひワタルまでお問い合わせしてくださいね♪

⇒無料相談コーナーはこちらからどうぞ