ワタルワタル

家電愛好家のワタルです^^♪


除湿機で出来ることは


空気中の湿気を除去して


湿度をさげる


これにつきます!


エアコンでも除湿機能がありますが、除湿機には好きな場所を除湿できるエアコンにはないメリットがあります。


でも、除湿機はエアコンのように冷房する事ができません!


除湿と同時に排気するので逆に温度が高くなってしまいます。


そんな一長一短がある除湿機ですが、洗濯物の室内干しや梅雨のジメジメした時期には家の色んな場所で大活躍してくれます。


今回は除湿機の除湿方式の種類について調べてみたのでご覧ください。


ちなみに、湿度についてくわしく知りたいときは下記記事をご覧ください。

除湿機を使わず、簡単に除湿する方法も下記記事でまとめています。

除湿機の種類

除湿機には除湿方式により、大きく分けて、

  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • ハイブリット式

この、3つの種類に分けられます。

ここではそれぞれの除湿機の種類について、特徴、メリット、デメリットをご紹介します。

除湿機の種類その1:コンプレッサー式

コンプレッサー式の特徴

空気中には水分が目に見えない形で、そこかしこに漂っています。


空気中の水分が多くなれば湿度が高くなり、ジメジメします。


逆に空気中の水分が少なくなれば湿度が下がって、乾燥します。


コンプレッサー式の除湿機は、室内の湿った空気を吸って、空気を冷やして空気中の水分を強制的に結露させます。


水分を取り除いたサラサラの空気はまた室内に戻されて、結露した水滴は排水タンクにたまります。


これはエアコンと同じ除湿方法です。

コンプレッサー式のメリット

  • 温度が高いほど除湿できる量が多く、梅雨や暑い夏の時期にとても有効
  • 消費電力がデシカント式の約半分
  • 室温上昇が少ない

コンプレッサー式のデメリット

  • 温度が低い冬場は除湿能力が落ちてしまう
  • 除湿機の運転音が大きい
  • 本体が大きく重いため、移動するのが大変

コンプレッサー式のまとめ

コンプレッサー式は、室温が高いほど除湿する量も増えるので、湿気の多い梅雨や夏の蒸し暑い時期の使用がおすすめです!


注意点としては、本体が大きくて結構重いので、家の中を持ち回りで使うのは結構きびしいのではないでしょうか。


同じ階の移動はなんとかなりますが、1階から2階へ運ぶのにはかなり大変!なので向いていません。

除湿機の種類その2:デシカント式

デシカント式の特徴


「ゼオライト」という、吸湿性能の高い除湿材が室内の湿った空気を吸い取り、乾いてサラサラになった空気を室内に戻します。


水分を含んだ除湿材はヒーターで温められて高温の湿った空気となり、その空気を熱交換器で冷やすことで水滴となり、排水タンクにたまります。


これを繰り返して除湿を行っています。

デシカント式のメリット

  • 室温に左右されずに除湿できる。特にコンプレッサー式が苦手な寒い冬の除湿に適している
  • コンプレッサーを使わないので、その分軽量で移動しやすい
  • 除湿機の運転音が静か

デシカント式のデメリット

  • ヒーターを多用しているため室温が高くなり、夏場の使用は不向き/li>
  • 消費電力が多い

デシカント式のまとめ

デシカント式は1年を通して使用できますが、中でも冬での使用で威力を発揮します!


真冬の暖房が効いた「ぽかぽか」の部屋。


その部屋の窓ガラスいっぱいに付いた結露が窓を伝って流れ落ちる水滴!


ほんとうに、いやですよね。


こういう場面で大活躍するのがデシカント式です。


ただし、消費電力が多いのがちょっと難点なのですが。

除湿機の種類その3:ハイブリッド式

ハイブリッド式の特徴

ハイブリッド式は先に紹介した「コンプレッサー式」と「デシカント式」の機能を1台にまとめた除湿機です。

  • 夏の高温時は「コンプレッサー式」
  • 冬の温度が低いときは「デシカント式」

このように、1年を通して効率よく使用できるのがハイブリッド式です。

ハイブリッド式のメリット

  • その季節にあった最適な方法で1年中効率の良い除湿ができる。
  • 1年を通して省エネ

ハイブリッド式のデメリット

  • 当たり前とはいえ、値段が高い
  • 2つの方式を1台にまとめている分、重い

ハイブリッド式のまとめ

ハイブリッド式は本体が大きくて値段が高いものの、1年中、安定して除湿できるのが一番の魅力です。


省電力なのもGoodです。

まとめ

除湿機には

  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • ハイブリッド式

3つの種類があって

コンプレッサー式

  • 室内の湿った空気を吸って、その空気を冷やして空気中の水分を水滴にして乾いた空気だけを室内に戻すというエアコンと同じ除湿方法。
  • おすすめの季節は温度が上がる梅雨や夏に適している。
  • 消費電力が少ないが本体が大きくて重いため移動は苦手。

デシカント式

  • 除湿剤を使って、室内の湿った空気を吸い取り、乾いた空気を室内に戻す方法。
  • おすすめの季節は温度が低い冬に適している。
  • 運転音が静かで軽量だがヒーターを多用するので消費電力が多く、室温も高くなる。

ハイブリッド式

  • コンプレッサー式とデシカント式の機能を1台にまとめた除湿機
  • その季節にあった最適な方法で1年中効率の良い除湿ができる。
  • 値段が高く、重い。

今回は、それぞれの除湿方式についてご紹介しました。

除湿機を選ぶときの参考にしてくださいね♪

最後までご覧いただいて、ありがとうございました。

無料相談受付中です!

ただいま、無料相談受付中です!

こちらでは、
・家電について知りたいこと、
・疑問に思うこと、

など、家電に関するいろんなことを解決させていただくための無料相談コーナーです。

どんな些細のことでもぜんぜんOKですので、ぜひワタルまでお問い合わせしてくださいね♪

⇒無料相談コーナーはこちらからどうぞ